妄想性障害:精神疾患が現実を歪めるとき

嫉妬から迫害的思考へ

Stars Insider

07/02/24 | StarsInsider

健康 メンタルヘルス

妄想とは基本的に、反論の余地のない証拠があるにもかかわらず、何かが現実であるという誤った信念のことである。妄想は、さまざまな精神的健康問題の症状として現れるが、唯一の症状として現れることもある。このような場合、妄想性障害と呼ばれる精神疾患の一種である可能性がある。妄想性障害は、嫉妬性(パートナーが浮気をしていると思い込んでいる人)や迫害性(誰かに狙われていると被害妄想的に思い込んでいる人)など、さまざまなタイプに分けるける。

このギャラリーでは、妄想性障害のさまざまなタイプ、考えられる原因や治療法について掘り下げる。クリックし、妄想について学びましょう。

Campo obrigatório

Don’t miss out...


on the latest TV shows, movies, music, and exclusive content from the entertainment industry!

I accept terms & conditions and privacy policy.
I want to receive Exclusive Offers from partners (advertising)

You can easily unsubscribe at any time
Thank you for subscribing