拷問曲: 兵器化された曲

英国人囚人、ロシア人にABBAを24時間聴くよう強制されたと明かす

Stars Insider

07/02/24 | StarsInsider

音楽

キャッチーなポップ・ヒットやロックなヘッド・バンガーが、実は誰かの正気を失わせる可能性があることをご存知だろうか?音楽の多様な利用法について考えるとき、ほとんどの人は、自分の好きな曲やアーティストのいくつかが心理戦として使われてきたことを知らない。

最近では、ウクライナでの戦闘中に捕らえられたイギリス人捕虜の一人であるショーン・ピナーが、ロシア軍によって1日24時間『マンマ・ミーア!』のサウンドトラックを聴かされ、さらに刺され、感電させられ、古びたパンと汚れた水しか与えられなかったことを明かした。死刑が確定した後、彼は新しい宿泊施設に移されたが、そこでも音楽による拷問は続いた。「条件は良くなったが、まだ音楽が流され、この時はシェールの『ビリーブ』だった」と彼は『ザ・サン』紙に語った。幸いにも、サウジアラビアがロシアとウクライナの間で10人の外国人抑留者を解放する密約を仲介したため、彼は解放されたが、彼は「この6カ月間は人生で最悪の日々だった。もう二度とABBAの歌を聴きたくないし、パンを見たくもない。ただ、家に帰れて本当に幸運だ」と語った。

拷問としての音楽は、より"手軽な"拷問として始まった部分もある。しかし、このような拷問を受けた人々の体験談を聞けば、大好きな歌に壊されることほど辛いことはないことは明らかだ。

CIAは2000年代初頭、「尋問強化プログラム」の一環として、音楽による拷問を一般的に行っていたと言われている。その目的は、囚人の意識を失わせ、睡眠を奪い、自分の思考を鈍らせ、無言にさせ、最終的に意思を崩壊させることで、囚人がより簡単に情報を提供できるようにさせるためだった。この方法は、ストレスのかかる身体的条件、低温、光の操作、長時間の拘束と組み合わされることが多かった。

現在、多くの国が拷問として音楽を使用することを禁止しており、アーティストたちは苦痛を与えるプレイリストから自分の曲を削除するよう嘆願している。

Campo obrigatório

Don’t miss out...


on the latest TV shows, movies, music, and exclusive content from the entertainment industry!

I accept terms & conditions and privacy policy.
I want to receive Exclusive Offers from partners (advertising)

You can easily unsubscribe at any time
Thank you for subscribing